常神〜小川の区間

美浜の稜線

関峠〜旗護山〜三角点401.1m

美浜町・敦賀市

 ルートの紹介
 県道225号線(旧国道27号線)の関峠から巡視路があるが、あえて境の藪こぎからスタートする。しかし100mもせず巡視路に出る急登も まもなく30分程で主稜線にでるとこの付近からは緩やかな尾根道を進む、国道の旗護山トンネルを過ぎる頃、道も整備され随分と歩きやすくなってくる。この付近から遊歩道となり行政も力を入れている、旗護山の三角点は?と探しながら歩いていたが、どうも見過ごしたらしい、探しながら後戻りしていたら、なんと道のど真ん中にあり先程、気づかず三角点を踏んづけて歩いていた。緩やかな遊歩道を登って行くと旗護山より20m程高いP339に着く、付近にはベンチや展望台 何故か此処が旗護山の山頂かと思わせるような山頂広場です。しかし天候も最高ながら、誰もいない山頂でした。
 山頂より緩やかな遊歩道を下って行くと舗装された林道と併走する、遊歩道も此処まで西原まで下る分岐から、その先の三角点(401.1)を目指す、過去に此処は遊歩道であったのか、立派な階段が途中まである、しかし誰も登らないのだろうか、下草が生えて、かなり荒れていた。山頂まで約500m20分程で山頂に着いた。三角点も下草の陰にあり、探すのに時間がかかった。下山は一旦下り分岐より西原に下る事にした・



 注意点は特にありません。



所用時間
関峠→(0:50)旗護山(0:20)P339(0:20)西原分岐(0:20)三角点401.1(0:15)西原分岐(0:40)西原

Back

平成24年4月14日 山行